Browse By

もはや音楽が最高!思わずサントラが買いたくなってしまう傑作映画


「映画はストーリー重視」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな映画を盛り上げる音楽も重要な役割を担っていますよね。

今回は筆者が好きな作品のうち、思わずサントラが欲しくなるおすすめの音楽映画をご紹介します。


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

東西冷戦時代の東ドイツに生まれた男の子ハンセル。母と二人暮らしの彼の夢は、自由の国アメリカでロックスターになること。ある日、米兵から結婚を申し込まれた彼は、性転換手術を決意する。しかし、手術のミスで股間には“怒りの1インチ(アングリー・インチ)”が残ってしまう。名前をヘドウィグと変え、何とか渡米するも米兵には結局捨てられてしまう。それでも夢を思い出しロックバンドを結成したヘドウィグは、ある日、17歳の少年トミーと出会う。同じ夢を持つトミーに愛情のすべてとロックシンガーとしての魂を注ぎ込むヘドウィグだったが……。(引用元

オフブロードウェイで上演されて以来、デビッド・ボウイやマドンナも酔いしれ、世界中でも熱狂的なファンを持つミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。

主演のジョン・キャメロン・ミッチェルが、映画の監督・脚本・主演を担当しているので、世界観もそのまま再現されています。

ベルリンの壁を超えるため性転換手術をするも失敗。曲をパクった元カレを追いかけツアーを行うドラッグクイーンのヘドウィグの強さと明るさ、そして脆さに惚れてしまう作品です。何よりライブで演奏する音楽のカッコよさにしびれます。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(字幕版)
(2015-03-15)
売り上げランキング: 14,321

 


RENT

世界の各演劇賞を総ナメにし、ピュリッツァー賞をも受賞した大人気ミュージカルを、『ハリー・ポッター』シリーズのクリス・コロンバス監督が、ミュージカル初演のメイン・キャストを迎えて映画化。プッチーニのオペラ“ラ・ボエーム”を下敷きに、ミュージシャンや映像作家を夢見る、毎月の家賃(=RENT)も払えない若者たちの貧しくも輝かしい青春の日々を描く。彼らの心の叫びを代弁するミュージカル・ナンバーの数々は感動的。(引用元

今も世界中の国で上演されているロックミュージカル「RENT」の映画版。

聴けばサントラが欲しくなる作品を彩る様々なジャンルの音楽は、ミュージカル作家ジョナサン・ラーソンが一人で作り上げたものです。(ジョナサン・ラーソンはミュージカル初日の前日に亡くなっています)

夢見る貧しいアーティストたちの等身大の心の叫びは、胸に響くこと間違いなしでしょう。

RENT/レント [DVD]

RENT/レント [DVD]

posted with amazlet at 18.02.03
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング: 11,152

 


シング・ストリート 未来へのうた

『ONCE ダブリンの街角で』などで知られるジョン・カーニー監督の半自伝的青春ドラマ。1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描く。主題歌を、カーニー監督作『はじまりのうた』に出演したマルーン5のアダム・レヴィーンが担当。音楽がつなぐ出会いや少年たちの青春を、デュラン・デュラン、ザ・クラッシュ、ザ・ジャムなど当時のヒット曲が彩る。(引用元

バンドを組む動機が、好きな女の子にモテるため、というのが可愛らしいのですが、意外や意外、オリジナル曲が素晴らしすぎます。

80年代に流行った数々のバンドにモロに影響されつつも、自分のオリジナリティを見つけていく過程もワクワクしてしまう方が多いはず。

ラストシーンはもはや映画史に残るんじゃないか..と個人的には思ってしまうほど素敵。夢を見ることを忘れてしまった大人にこそ見ていただきたい作品です。

シング・ストリート 未来へのうた(字幕版)
(2017-01-10)
売り上げランキング: 933

 


ムーラン・ルージュ

1899年、夜のパリに瞬く魅惑のナイトクラブ“ムーラン・ルージュ”。その華麗なショーは人々を魅了したが、実のところセットにカネをかけすぎ経営は火の車。オーナーのジドラーは、資産家の公爵に新しいショーの主役サティーンをあてがうことで投資を引き出そうと考えていた。本格的な女優を目指していたサティーンもパトロンを必要としておりジドラーの申し出に不満はない。しかしサティーンは青年舞台作家クリスチャンをパトロンと勘違いしてしまい、それがきっかけで二人は愛し合うようになってしまう……。(引用元

ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが歌う!煌びやかな世界観のある物悲しい音楽映画です。

往年のヒットソングをカバーしており、それがストーリーにマッチしているのも見どころ。特にユアン・マクレガーの歌のうまさが際立つ作品ですね。

ムーラン・ルージュ (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 18,853

 


ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

結合性双生児の兄弟が率いるロックバンドの栄光と悲劇を、ドキュメンタリー映画仕立ての構成で描いた作品。体のつながった美しい双子のミュージシャン、トムとバリーの人生を彼らの映像や周囲の人々の証言を通してリアルに映し出す。監督は『ロスト・イン・ラ・マンチャ』のキース・フルトンとルイス・ペペ。双子の兄弟を演じたハリー&ルーク・トレッダウェイの美ぼうと、ユニークな作品の構成に注目したい。(引用元

イケメンの結合性双生児に目をつけ、それをパンクロッカーに仕立て上げてしまう、というハチャメチャな設定ですが、ドキュメンタリー映画として非常によくできたつくりになっており、見終わった後は本当に実在したのではないかと疑ってしまうほど。

楽曲も粗削りなヴォーカルも妙にかっこよく、こちらもサントラが欲しくなる作品です。

 


ダンサー・イン・ザ・ダーク

60年代のアメリカ。セルマは女手ひとつで息子のジーンを育てながら工場で働いている。彼女に対して理解と愛情を持つ人々に囲まれ満ち足りた生活を送っていた。ただ一つを除いて。彼女は遺伝性の病のため視力が失われつつあり、ジーンも手術を受けない限り同じ運命を辿ってしまうのだった。そのために、内職もしてジーンの手術費用を貯えていた。が、ある日工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていた……。歌手ビョーク主演のドラマ。カンヌでパルムドールと女優賞を受賞。(引用元

とにかく不幸で救いようのない現実を忘れるかのように、セルマが没頭する幸せなミュージカルの世界。

歌姫ビョークが主演なので、歌はもちろん素晴らしく音楽が最高です。しかし、それに相反するような悲劇なので、見る前には覚悟が必要かもしれません。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(字幕版)

ダンサー・イン・ザ・ダーク(字幕版)

posted with amazlet at 18.02.03
(2016-05-06)
売り上げランキング: 48,488

 


ONCE ダブリンの街角で

アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー。ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと音楽の才能を持つチェコ移民の女性が、音楽を通して惹(ひ)かれ合っていく様を描く。アイルランドの実力派バンド、ザ・フレイムスのフロントマン、グレン・ハンサードが主人公の男を演じ、同バンドの元ベーシスト、ジョン・カーニーが監督。男女のドラマを音楽に乗せて展開させる、ロマンチックな作品に仕上がっている。(引用元

「シング・ストリート」のジョン・カーニー監督の最初の作品です。

歌う前は地味な男女ですが、歌いだしたときの輝きが素晴らしい。とにかく二人のハーモニーが美しく、見た後すぐサントラが欲しくなるお勧めの作品です。

 


ベルベット・ゴールドマイン

70年代のグラムロック・ブームに生きた若者たちを活写した、ユアン・マクレガー主演作。音楽・ファッションを初めとして、後のアーティストに多大な影響を与えたグラムロック・パワーを再現。既成の概念をうち破る、妖しく奇抜な数々のコスチュームも見もの。1984年、ニューヨーク。新聞記者のアーサーは、編集長にある事件の真相を探るよう依頼される。それは70年代初頭のロンドンで人気を誇り、その後失踪したロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイドの追跡調査だった。(引用元

有名な某ロックスターをモチーフにしたかのような主人公を追ったドキュメンタリー風ムービーです。

ストーリーには賛否両論あるかもしれませんが、グラムロックファンにはたまらない音楽の数々。サントラにはレディオヘッドのトム・ヨークらも参加しています。

ベルベットゴールドマイン (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 111,055

 


ラ・ラ・ランド

『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーンをはじめ、『セッション』でチャゼル監督とタッグを組んで鬼教師を怪演したJ・K・シモンズが出演。クラシカルかつロマンチックな物語にうっとりする。(引用元

言わずと知れた、大ヒットミュージカル映画です。

耳に残り続ける楽曲の数々。聞けばあのシーンが浮かんでくるのではないでしょうか?ライアン・ゴズリングの哀愁漂う歌声と、エマ・ストーンの愛らしいダンスは必見です。

ラ・ラ・ランド(字幕版)

ラ・ラ・ランド(字幕版)

posted with amazlet at 18.02.03
(2017-08-02)
売り上げランキング: 623

 


スクール・オブ・ロック

ミュージシャンでもあるジャック・ブラックが破天荒なロッカー教師を演じるコメディータッチの人間ドラマ。名門小学校にそぐわないニセ教師と小学生たちがロックを通じて交流を深める、笑いと風刺、感動、そして涙ありの作品。監督に「オースティン映画協会」の設立者であり『恋人までの距離』のリチャード・リンクレイター。脚本は本作で友人役を演じるマイク・ホワイト。実際に楽器を演奏している子役たちの演奏の巧さもにも注目だが、ジャック・ブラック演じるユニークなロックン・ロール教師からは目が離せない!(引用元

売れないバンドマンがニセ教師になり、子供たちをたぶらかしてゴリゴリのロックを演奏させるというコメディ映画。

芸達者なジャック・ブラックの上手さはもちろんのこと、子供たちの才能も素晴らしく、最後にはとてつもない感動が待っている作品です。

スクール・オブ・ロック (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 37,424

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です