Browse By

逆に観てみたくなる?筆者がつまらなすぎて思わず後悔した映画


面白くない、つまらないと酷評されてしまった作品。すでに話題になっていても、どうしても自分の目で確認したくなりませんか?

そんな好奇心に勝てない人に向けた、ある意味おすすめできる映画を10本ご紹介します。筆者と一緒に時間を無駄にしましょう!

(※あくまでも私の見解になりますので、気を悪くされたらスミマセン)


マシニスト

極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)。自宅で不気味な貼り紙を見つけ、新しい同僚に出会って以来、彼の周囲で奇妙な出来事が頻発する。誰かが自分を陥れようとしていると感じたトレヴァーは、疑心暗鬼になっていく。(引用元

日々に紛れ込む恐怖の存在。勘のいい人ならその正体に序盤で気付くことでしょう。そこからが淡々と長く、予想通りのラスト。必ず時間を無駄にしたと後悔します。

主演のクリスチャン・ベイルが作中怖いほど痩せていく迫真の役作りが勿体無い作品。

マシニスト (字幕版)
マシニスト (字幕版)

posted with amazlet at 18.02.03
(2013-11-26)
売り上げランキング: 71,051


テラ フォーマーズ

21世紀、地球では猛烈な人口増加が起き、人類は火星への移住を計画する。まずはコケと古来から地球に生息するある生物を火星へと送り込み、地球化への道を探る。500年後、移住計画の最終段階としてその生物の駆除のため火星に15人の隊員が派遣されるが、小町小吉(伊藤英明)以外は高額の報酬が目当てで……。(引用元

一言で表すなら、キャストが豪華! コミック作品の映画化は原作を知らないなら楽しめる、の法則を覆されました。

原作からの改変がどうこうという話ではなく、全体的に万遍なく退屈で、クソつまらない以外の感想が見つかりません。

テラフォーマーズ
テラフォーマーズ

posted with amazlet at 18.02.03
(2016-08-10)
売り上げランキング: 67,184


パンデミック・フライト

究極の選択を迫られるパンデミック・サスペンス×不滅の人気を誇る、航空パニック!致死率100%の機内感染―その巨躯≪ジャンボ≫が、人類の滅亡を招く・・・(引用元

これぞクソ映画。全篇に渡って説明不足のオンパレードで、こちらが勝手に「こういう設定なのかな」と予想をしながら見ることになりました。

ほぼ機内の出来事なので、外の世界の様子がわからず話の規模が小さく見えます。

パンデミック・フライト
(2016-06-29)
売り上げランキング: 108,749


渇き。

品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和(役所広司)。自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。(引用元

原作ありきの作品なのか、見終わってから「なにも分からない」感が残った作品でした。登場人物は一人残らず不快な一面を持っています。

スカッとしないタイプの暴力が最初から最後まで続くのは意外としんどく、時間が長く感じました。


グエムル-漢江の怪物-

ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出を試みるが……。(引用元)

CGがお粗末だとかそんなことよりも、びっくりするほどテンポが悪い映画。

ストーリーはありきたりで退屈ですが、過剰すぎる演技やびっくり行動が多く、韓国映画に馴染みのない人ならある意味楽しめるかもしれません。

グエムル-漢江の怪物-(字幕版)
(2015-04-02)
売り上げランキング: 75,887


スプライス

学者のクライヴ(エイドリアン・ブロディ)とエルサ(サラ・ポーリー)は倫理に反し、人間と動物のDNAを配合する実験を開始する。実験は成功し、これまで誰も目にしたことのない新生命体がこの世に生まれ落ちる。二人はその新しい生命体にドレンという名前を付け、誰にも知られないように育てることにするのだが……。(引用元)

マッドサイエンティストな主人公二人が生み出した新種の生命体がとにかくかわいらしく気持ち悪い。

倫理をことごとく無視していくのを見せられるだけの1時間43分耐久映画。見終わった後、残念な気分になれること間違いなしです。

スプライス(字幕版)
スプライス(字幕版)

posted with amazlet at 18.02.03
(2016-04-28)
売り上げランキング: 146,428


ザ・インシデント

法を犯した精神障害者を収容するサンズ精神科保護施設の食堂で、バンド仲間と一緒にコックのアルバイトをするジョージ(ルパート・エヴァンス)。不穏な言動を繰り返す入所者に恐れを感じながら働くジョージだったが、彼らが勝手に厨房へと侵入したり、ほかの場所へ移動したりできないよう、万全のセキュリティーシステムが敷かれていることに安心を覚えていた。しかし、雷雨によって停電が発生し、所内が真っ暗になった上、セキュリティーが作動しなくなる。やがて、興奮状態に陥った入所者たちは警備員を襲い、厨房になだれ込もうとする。(引用元)

暗い・グロい・遅い。停電といえども、真っ暗すぎてなにが起きているのかわからない、よく見えるシーンは必ずグロい、

危険な人物が収容されている施設が助けを求めているのに、救援があまりにも遅い。最低な気分になりたいときにおすすめです。

ザ・インシデント (字幕版)
(2014-05-25)
売り上げランキング: 51,927


ミスト

ガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた。設備点検のために外に出た店員のジム(ウィリアム・サドラー)が不気味な物体に襲われると、店内の人々は次第に理性を失いはじめ……。(引用元)

オチの後味の悪さで有名な作品ですが、個人的にはストーリーがつまらないという印象が強いです。

スーパーという恵まれた場所に逃げ込みながら、何故か静かに救助を待てない大人がたくさん。人間模様がとてもチープなのが気になります。


クローバーフィールド/HAKAISHA

とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのようにニューヨークの街がパニックに陥っていた。(引用元)

終始、正体不明の「何か」から逃げているだけ。手持ちカメラ風の映像が見づらく、人間ドラマも殆ど無いと言っても過言ではないストーリーですが、筆者は最後のシーンの演出がゾクリとして好きです。

そこまで我慢して観てほしい作品。

クローバーフィールド/HAKAISHA (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 38,300


シークレット・オブ・ハロウィン

コーリー(トビー・ウォレス)とジョナ(ガリヴァー・マクグラス)は、昔は仲が良かったが、今はコーリーが不良仲間たちと一緒にジョナをいじめるという関係になっていた。ところがハロウィンの夜、コーリーはいじめられているジョナを助ける。そして「一緒に遊ぼう」とジョナに言われたコーリーが、ジョナと一緒に闇夜の中を進んでいくと、摩訶(まか)不思議な世界にたどり着き……。(引用元)

感動する人とつまらないと感じる人、感想が真っ二つに分かれそうな映画。筆者は後者でした。

終始ミュージックビデオのような画がきれいですが、ストーリーに入り込めなければそれまでです。個人的にはこの時間で他の映画を観ればよかったと後悔しました。

シークレット・オブ・ハロウィン(字幕版)
(2017-10-20)
売り上げランキング: 73,694


いかがでしたでしょうか。今度こそ!と2度3度観て、やっぱりつまらないな!と思わせられる、癖になるようなつまらなさを持った作品を中心にご紹介しました。「つまらない」もある意味魅力かもしれませんね。ぜひ、時間を無駄にしてください。それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です