Browse By

一度は観るべき!戦争映画オタクが厳選した戦争もの作品10本


戦争映画は永遠のテーマとして、数多くの作品が作られ、愛されてきました。今回はその中から厳選した戦争物10作品をピックアップ。

第2次世界大戦でのヨーロッパ戦線、アジアでの日本軍と英米軍捕虜、駆逐艦と潜水艦との戦い、日本軍の戦い、ベトナム戦争などいろいろなジャンルからおすすめの映画をご紹介します。


大脱走

第二次世界大戦下、ドイツのルフト第3空軍捕虜収容所。脱出不可能と言われたこの捕虜収容所から、脱出を試みる連合軍の将兵、ヒルツ(スティーヴ・マックィーン)、ヘンドレー(ジェームズ・ガーナー)、シリル(リチャード・アッテンボロー)らがいた。彼らの計画した脱出計画を基に、前代未聞の、総勢250名にも及ぶ集団脱走が実行されたが……。(引用元

あの有名なテーマ曲の「大脱走のマーチ」はご存知と思います。知らない人も聞いたらあっと思い出すでしょう。スティーブマックイーンの大傑作映画「大脱走」です。

「荒野の七人」、「老人と海」などの巨匠ジョン・スタージェス監督が、集団脱走の史実をスティーヴ・マックィーンをはじめとした夢の豪華オールスター・キャストで映画化した20世紀最大の娯楽大作だと思っています。個人的には。

大脱走(2枚組) [DVD]

大脱走(2枚組) [DVD]

posted with amazlet at 18.02.02
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-08-02)
売り上げランキング: 9,984

 


史上最大の作戦

1944年6月6日、連合軍によるノルマンディー上陸作戦に材を取ったコーネリアス・ライアンのノンフィクションを基に、名プロデューサー、ダリル・F・ザナックが製作費36億を投じて作り上げた一大戦争パノラマ。米・英・仏・独のトップスター総出演と、大画面いっぱいに展開される戦場の再現は、映画的興奮に満ち溢れ、至福と驚嘆の3時間を約束する。(引用元

史上最大の作戦」は、第二次世界大戦における連合国軍のノルマンディー上陸作戦のストーリーです。その巨大スペクタクルと、ノルマンディー上陸作戦の困難さ、成功への道筋など見所満載。

出演者はジョン・ウェイン。ロバート・ミッチャム。ヘンリー・フォンダ。アルバート・リチャード。リチャード・バートン。ロバート・ワグナー。ショーン・コネリーなど、豪華キャストが勢揃いした作品です。

史上最大の作戦 (2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-11-27)
売り上げランキング: 49,228

 


戦場にかける橋

タイとビルマの国境近くにある日本軍の捕虜収容所では、連合軍捕虜を使って、国境に流れるクワイ河に橋を架ける準備が進められていた。だが、英軍大佐はジュネーヴ協定に反するとして、所長と対立。英軍大佐の気骨に共感した所長は、捕虜の恩赦を条件に再度協力を要請。捕虜たちに生きがいを与えようと考えていた大佐はこれを承諾し、こうして建設工事が始まった。だが同時に、収容所から脱走した米海軍少佐の手引きによって、連合軍による架橋爆破作戦も開始されようとしていた……。(引用元

第2次世界大戦としては、あまり映画化されることが少ないタイとビルマの国境が舞台となった作品。

日本の捕虜収容所で英軍捕虜将校と米軍捕虜将校、日本軍の捕虜収容所長らの三つどもえの心理戦などが繰り広げられます。緊迫のラストも見事で、映画賞を総なめにした傑作です。

戦場にかける橋 (字幕版)

戦場にかける橋 (字幕版)

posted with amazlet at 18.02.02
(2013-11-26)
売り上げランキング: 34,256

 


眼下の敵

歌手から役者へ、そして監督・製作業に転向したD・パウエルの紛れもない代表作にして、最高傑作。第二次大戦下の南大西洋を舞台に、アメリカ駆逐艦とドイツ潜水艦の文字通り息詰まる戦いを描く。ワン・シチュエーションの中であらん限りの技巧を尽くすシナリオと、徹底したゲーム感覚の展開も良く、双方の艦長が互いを好敵手と見なす構図なども定石ながら心憎い。ミッチャム、ユルゲンスの対照的なキャラクターも際立っている。(引用元

アメリカ軍の駆逐艦及対ドイツ軍の潜水艦Uボートの海上と海水中での息詰まる戦いを描いた作品。

両艦長のそれぞれに対する敵対心と畏敬の念の移り変わりなど、海の闘いが好きな方には絶対におすすめの作品です。特に、潜水艦好きにはたまらないはず。

眼下の敵 [Blu-ray]

眼下の敵 [Blu-ray]

posted with amazlet at 18.02.02
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-10-04)
売り上げランキング: 1,144

 


Uボート

『エアフォース・ワン』『トロイ』などのウォルフガング・ペーターゼンがメガホンを取り、1981年に放たれた戦争ドラマの傑作。第2次世界大戦時を舞台に、ドイツ軍の潜水艦U・ボートに乗り込んだ者たちを待ち受ける過酷な運命を映し出していく。『ダ・ヴィンチ・コード』のユルゲン・プロフノウを筆頭に、ドイツ映画界の実力派が結集する。全編を支配する尋常ならざる緊張感の高さに圧倒される。(引用元

ドイツ軍が誇る潜水艦Uボートを取り上げた、数少ない映画です。

潜水艦乗りたちの日常生活から、艦内での緊張感あふれる勤務状況、敵艦船への攻撃シーン、米英駆逐艦などとの攻防などがリアルに描かれています。

特に、ドイツ側からの視点で描いており、日本の潜水艦乗りの姿にも通じる好作品です。

 


戦場のメリークリスマス

第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状態におかれた男たちの心の交流を描いた人間ドラマ。「愛のコリーダ」の大島渚監督が、デヴィッド・ボウイ、ビートたけし、坂本龍一といった異色のキャストで撮り上げた話題作。1942年。ジャワ山中の日本軍捕虜収容所。そこには単純で粗暴な軍曹ハラと日本語が流暢な英国軍中佐ロレンス、そして収容所長のヨイノ大尉がいた。そこへある日、英国軍少佐セリアズが連れてこられた……。(引用元

大島渚監督の下に、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、北野武を配して戦場での愛と死を描いた大島監督の大ヒット映画です。

世界的トップスターが、流麗なメロディと共に繰り広げる愛憎の世界にあっという間に引き込まれること間違いありません。

戦場のメリークリスマス [DVD]
紀伊國屋書店 (2011-10-29)
売り上げランキング: 10,686

 


永遠の0

零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に、『天地明察』『図書館戦争』などの岡田准一。現代に生きる孫に三浦春馬がふんするほか、井上真央や夏八木勲など若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。生と死を描く奥深い物語はもちろん、サザンオールスターズによる心にしみる主題歌にも注目。(引用元

零戦搭乗員だった祖父の生き様を検証する内に見えてくる本当の祖父のすがたとは。戦争を知らない孫たちが辿る祖父の生き様と自分たちの隠された秘密。最後には泣かされました。

戦争映画ファンだけでなく、戦争を全く知らない世代の若者たちに見て欲しい映画です。

永遠の0 DVD通常版

永遠の0 DVD通常版

posted with amazlet at 18.02.03
アミューズソフトエンタテインメント (2014-07-23)
売り上げランキング: 2,839

 


硫黄島からの手紙

第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、日本側の視点から描いた戦争映画。硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と彼の部下たちによる死闘が描かれる。監督は『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド。『ラスト サムライ』の渡辺謙、嵐の二宮和也ら、日本人俳優が出演する。イーストウッドが日米双方の視点から“硫黄島の戦い”を描く“硫黄島プロジェクト”第2弾作品としても注目だ。(引用元)

日米双方で4万人を超える死傷者を出した、太平洋戦争中もっとも激戦地であったと言われる硫黄島での戦いを描いた映画です。

主役として、陥落後にその遺体が発見されなかったという栗林忠道中将に焦点を当てて、日本側からの視点で描かれた硫黄島での戦いとはどういうものだったのか。現在も民間人の立入が制限される硫黄島での過酷な戦いがリアルに描かれています。

クリントイーストウッド監督の作品は、いつも人に対する愛情があふれていますよね。この作品でも日本人に対する愛情が表現されていてアメリカ映画でありながらも、見ていてどこか心地良さを感じてしまいます。

 


プラトーン

実体験を基に描かれた、O・ストーン監督によるベトナム映画。クリス・テイラーがベトナムにやって来たのは1967年。大学を中退してまでベトナムに志願したのは、次々と徴兵されてゆく彼と同年代の若者たちのほとんどが、少数民族や貧しい者たちだった事に対する義憤からであった。だが、いきなり最前線の戦闘小隊に配属されたテイラーにとって、戦争の現実は彼の想像をはるかに超えた過酷なものだった……。(引用元

ベトナム戦争を巡る数多くの悲劇を、新兵の視点を通して描いた作品です。

その根底には人間愛があり、もちろんベトナム人も米兵などアメリカ人も含めての人間愛ですが、しかしそれらとは根本的に相対する戦場の悪もあるし、戦場の正義もあるということを見事に描いています。

アメリカがベトナム戦争に若者を送り込んだ正義、そして、その実態の余りの落差が印象的です。

プラトーン<特別編> [DVD]

プラトーン<特別編> [DVD]

posted with amazlet at 18.02.03
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-02-05)
売り上げランキング: 23,495

 


地獄の黙示録

ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく……。ジョセフ・コンラッドの『闇の奥』を基に、コッポラが私財をなげうってまで完成させた、ベトナム映画の集大成。(引用元

ベトナム戦争を主題とした映画の最高傑作にして、最後の作品と言われる地獄の黙示録。

まさしく、戦場のど真ん中に投げ込まれてベトナム戦争とはどういうものだったのか全身の五感を通じて味わうような凄みと臨場感が圧倒的です。

UH-1ヘリコプター部隊の圧倒的な攻撃力とワーグナーのワルキューレの騎行が合体した美しい映像と、残酷な戦争の実態。力と正義と狂気と美、これらが一体となった世界をご覧下さい。

地獄の黙示録 特別完全版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2017-06-30)
売り上げランキング: 9,597

 


戦争を主題とした映画は、今現在でも作られ続けています。それは戦争という紛争解決手段が持つ異常性や狂気、不条理と正義と悪がない交ぜになった混沌とした戦争という世界が、ある意味人間社会の本質を写しているからだと思います。

また、その一方では娯楽性としての戦争が若者に受け入れられており、ゲームにも多くの戦争物が登場していますよね。そういった意味で戦争映画にはゲームに通じるような破壊と勝利がセットとなっていることも人気の秘密なのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です