Browse By

今だからこそ観ておきたいLGBTを取り扱った映画作品まとめ


LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の人々への理解が広まるにつれ、LGBT映画もどんどん増えてきています。今回はそんな中から、今見ておきたいLGBT映画を10本ご紹介します。


チョコレートドーナツ

1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。
母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく。 しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう。(引用元

1970年代のアメリカで起こった実話を基に作られた映画で、数々の映画祭で観客賞を受賞しました。

ゲイと障がい者という二つのマイノリティーをテーマに含んでおり、決して夢物語のように上手くはいかない、マイノリティーにとっての厳しい現実を直視することができる作品です。


トランスアメリカ

男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になるため最後の手術を控えていた。そんな””彼女””の前に、突然トビー(ケヴィン・ゼガーズ)という少年が出現。彼はブリーが男だったころに出来た息子であることが判明するが、女性になりたい””彼女””は彼を養父の元へ送り返そうとする……。

ブリーとその息子トビーの2人がお互いを知って理解していくロードムービー作品です。

ブリーが、自分が父親であると打ち明けないからこそお互いをさらけ出すことができるけれど、隠していることに背徳感も感じている、そんなブリーの葛藤がよく描かれています。

身体が元男性で女性の心を持つトランスジェンダーの役を女優であるフェリシティ・ハフマンが演じているのも見どころです。


RENT/レント

ミュージシャンとして大成することを夢見ている野心家のロジャー(アダム・パスカル)は、恋人の死によって精神的に打ちひしがれていた。そんな中、階下に住んでいるエキゾチックな雰囲気が魅力的なダンサーのミミ(ロザリオ・ドーソン)に心惹かれ始めたロジャーは、彼女との新しい恋に踏み出せずに悩んでいた……。(引用元

大人気ミュージカルの映画化で、歌はもちろんのことストーリーもしっかりと作りこまれています。

メインキャラクターにゲイ、レズビアン、バイセクシュアルがおり、HIV感染という現実問題にも切り込んでいきます。恋愛そして仲間愛を色濃く描いた作品です。


四角い恋愛関係

新婚の女性レイチェルが結婚式で出会った同性ルースに恋してしまったことから繰り広げられる、新妻の夫とその男友達も絡めた四角関係とそれぞれの顛末を描いたロマンティック・コメディ。

理由もなく突然恋をしてしまう、そんな状況に戸惑いながらも会話の一つ一つに一喜一憂するレイチェルの姿に観ている人も応援せずにはいられません。

学生のようにピュアで甘酸っぱい青春が見られる一作です。


アデル、ブルーは熱い色

教師を夢見る高校生アデル(アデル・エグザルコプロス)は、運命的に出会った青い髪の画家エマ(レア・セドゥ)の知性や独特の雰囲気に魅了され、二人は情熱的に愛し合うようになる。数年後、念願の教師になったアデルは自らをモデルに絵を描くエマと一緒に住み、幸せに満ちあふれた毎日を過ごしていた。しかしエマの作品披露パーティーをきっかけに、二人の気持ちは徐々に擦れ違っていき……。(引用元

誰もが一度は夢見る、危険な香りのする恋への冒険、そしてその恋が崩れていくまでが描かれています。

若く欲望に忠実な二人の姿に思わず惹かれてしまいます。全体を通して芸術的と言える作品で、性的なシーンも綺麗で、また儚さを含んでいる様子が見どころです。


キャロル

1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

有名作家パトリシア・ハイスミス原作による作品で、人気女優であるケイト・ブランシェットが主演している話題作です。

キャロルの高貴な立ち振る舞いや熱の秘めた眼差しにテレーズ同様、鑑賞者も思わずドキドキしてしまいます。


パレードへようこそ

マーガレット・サッチャー政権下の1984年夏、ロンドン。炭鉱労働者のストライキの報道を見たマーク(ベン・シュネッツァー)は、彼らを救済すべく仲間たちと募金活動をすることに。しかし、ゲイとレズビアンの活動家グループであるマークたちが必死でかき集めた支援金を受け入れる炭鉱団体はなかった。それでもマークたちはめげず、労働者たちに直接寄付金を渡すためロンドンからウェールズへ向かう。(引用元

こちらの作品は1984年から1985年にかけてイギリスで起こった実話を基にしています。

世間に虐げられているLGBTと炭鉱労働者のぎこちない関わり合いから始まり、徐々に心を開きともに社会に立ち向かう姿は感動せずにはいられません。


キッズ・オールライト

同じ父親を持つジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)は、それぞれの母親と一緒に仲良く幸せに暮らしていた。そんなある日、自分たちの父親ポール(マーク・ラファロ)の存在が気になり始めた姉弟は、2人で彼を訪ねる。そのことがそれぞれの母親ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)に知れたことから、家族の関係がきしみだす。(引用元

同性カップルに育てられているジョニとレイザーが実の父親を探し関わり始める様子をコミカルに描いています。

子供たちが起こし始めた騒動ですが、内容としては母親たちと精子提供者である父親との関係性に深く切り込んでいます。


ブロークバック・マウンテン

1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)は羊番の仕事を始める。たまたま一緒に組んで仕事をしていたジャック(ジェイク・ギレンホール)との間に友情が芽生えるが……。(引用元

1960年代以後の保守的なアメリカ西部で、ゲイの存在は認められないような世界を舞台としています。

お互いを愛しているが自分の生活も大事で周りの目も気になる、そんな中での二人の繊細な心情を描いた作品です。


わたしはロランス

カナダのモントリオールで国語の教師をしているロランス(メルヴィル・プポー)は、ある日、恋人のフレッド(スザンヌ・クレマン)に対して女性になりたいと打ち明ける。ロランスの告白にフレッドは激高するも、一番の理解者になることを決める。迷いや戸惑い、周囲の反対を乗り越えて、社会の偏見に遭いながらも二人の人生を歩もうとする。(引用元

人気沸騰中の新鋭監督グザヴィエ・ドランによるトランスジェンダーとその恋人をメインとした物語。

愛しているだけでは上手くはいかない、そんなロランスの葛藤が如実に描かれています。カラフルな映像美とクールな音楽にも注目です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です