Browse By

個人的におすすめな劇場版「ポケットモンスター」で好きな映画たち


20年以上も続いているアニメの「ポケットモンスター」ですが、その映画には実はメッセージ性があり、感動的な名作が多くあることをご存知でしょうか?

今回はそんなポケモンの劇場作品をちょっぴり大人な視点からご紹介させていただきます。


ミュウツーの逆襲

社会現象にまでなった人気TVアニメシリーズ『ポケットモンスター』の劇場版長編アニメーション第1作。伝説のポケモン“ミュウ”の化石から作られた最強のポケモン“ミュウツー”が人間たちに逆襲を挑む。ポケモンマスターを目指し、修行の旅を続けるサトシとピカチュウ、カスミ、タケシの一行。ある日、彼らのもとに最強のポケモントレナーを名乗る人物から一通の招待状が届いた。サトシたちは嵐で大荒れの海を渡って招待状に記された会場に向かったが……(引用元

ポケモン映画の1作目にして、ポケモン映画史上興行収入歴代1位の作品です。

この映画のテーマは「自己存在」。

「自分とは何なのか?」ということを考えさせられるものであり、その答えを作者なりに映画の中で回答しています。


幻のポケモン ルギア爆誕

ゲームソフトとして発売され、TV、マンガなどさまざまなメディアで人気を博した「ポケットモンスター」の劇場版第2作。ポケモンマスターを目指す少年たちが、幻のポケモン・ルギアと共に世界を救う物語。ゲスト声優として鹿賀丈史、浜田雅功が出演。世界中の珍品を集めているコレクター・ジラルダンは、オレンジ諸島に住む3匹のポケモンを捕らえようとしていた。その頃、アーシア島に漂着したサトシたちは、住民からある言い伝えを聞かされる…。(引用元

ポケモン映画2作目で、テーマは「共存」。

火の神(ファイヤー)・雷の神(サンダー)・氷の神(フリーザー)・海の神(ルギア)と自然のバランスに例えて世界規模での「共存」を描いています。

1作目と同じく脚本は首藤剛志氏で、首藤氏いわく「2作繋げてひとつのもの」。1作目の「自己存在」、そして2作目では「共存」というテーマの答えは、主人公の母の台詞にあるのではないかと思います。


セレビィ 時を越えた遭遇(であい)

大人気“ポケモン”シリーズ映画第4弾。ジョウトリーグを目指して旅を続けるサトシの一行はある日、ほこらの前で気絶しているユキナリと幻のポケモン“セレビィ”と出会う。ユキナリ達はポケモンハンター達に追われる中、“時を越える力”によって40年前の世界からタイム・スリップしてしまったという。サトシ達はとりあえず傷ついた“セレビィ”を救おうとポケモンセンターに急ぐのだったが……。(引用元

脚本が園田英樹氏に変わってから1作目の作品で、テーマは「生と死」。

自然やポケモンの「生と死」が描写される中、観終わったあとに「じゃあ現実ではどうだろう?」と作中でなく観終わったあとに考えさせられる小説の後読感のようなものを感じられる作品です。

劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇 [DVD]
KADOKAWA メディアファクトリー (2002-02-08)
売り上げランキング: 52,256


水の都の護神 ラティアスとラティオス

世界で一番美しい町といわれる水の都“アルトマーレ”。ここでサトシとピカチュウは、不思議な技を持つ兄妹ポケモン<ラティアス><ラティオス>と出会う。兄妹は二人でこの町のどこかに隠されている秘宝“心のしずく”を人知れず守っていた。しかし、世界的に名の知れたセクシー姉妹怪盗ザンナーとリオンがこの秘宝を狙って町にやって来た。姉妹は町で事件を引き起こし、サトシとピカチュウたちはこれに巻き込まれてしまう。そして、“心のしずく”とアルトマーレに隠された封印が解かれたことにより、町は大水害に見舞われてしまうのだった……。(引用元

筆者が個人的に1番好きな映画で、テーマは「水と生き物」です。

前半に「水の美しさ」、後半に「水の恐ろしさ」を描写して、「」を扱う人次第というメッセージが感じられます。

全く子供向けとは思えない伏線も張られていて、とても見所の多い作品です。


七夜の願い星 ジラーチ

千年に一度、7日間だけ現われるという千年彗星の夜。ホウエン地方を旅するサトシとピカチュウ、タケシ、ハルカ、マサトら一行はその途中、“移動遊園地・ポケモンパーク”でマジシャンのバトラーと出会った。すると不思議なことに、一行の中でマサトだけがバトラーが持っている“眠り繭”の中の声を聞いたのだった。それは、千年に一度目覚め、人間の願いを叶えてくれるという伝説のポケモン、ジラーチの声だった。思わぬ出会いに喜ぶサトシたち。しかし、バトラーにはジラーチの持つ秘められた能力を使った、ある恐ろしい野望があった…。(引用元

本作のテーマは「」です。

また、この作品はEDテーマが重要なものになっているのでぜひ注目してみてください。

個人的には作中でも使用される「小さきもの」、この歌詞のなかに主人公たちの想いが詰まっているように感じました。


ミュウと波導の勇者 ルカリオ

旅を続けるサトシとピカチュウは「波導伝説」が語り継がれるロータの町を訪れていた。そこでは波導勇者を称える祭りが開催されており、サトシたちはその年の勇者を決めるポケモンバトルに参加した。

この作品のテーマは「」です。

すごくシンプルなテーマですが、作中一貫してこのテーマに沿った物語が続くのは一種の芸術のように感じられます。ありふれた言葉だからこそ、改めて考えさせられました。

もうひとつ、ミュウの行動に意図があったとするとという観点で観るとまた違った見え方がしてきますので、その点にも着目してみてください。

劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ [DVD]
メディアファクトリー (2005-12-22)
売り上げランキング: 41,159


ギラティナと氷空の花束 シェイミ

世界の裏側にある鏡のような不思議な世界で、ギラティナのすむ特殊空間“反転世界”は、ディアルガとパルキアの戦いで時間と空間がゆがみ、黒い瘴気(しょうき)の雲に覆われてしまう。自らの世界を汚されて怒ったギラティナは、その原因を作ったディアルガを探し出して美しくもおきて破りな反転世界へ引きずり込もうとするのだが……。

大きな3部作のうちの第2作目のテーマは「自然」。地球温暖化問題とリンクする内容でもあります。

人間の身勝手で汚れていく世界をどうにかしようと暴れる伝説のポケモン(自然の象徴)。私たちも「自然」と常に公平に寄り添っているということを思い出させてくれます。


幻影の覇者 ゾロアーク

ポケモンバッカー・ワールドカップを観戦するため、クラウンシティに向かったサトシとピカチュウ一行。旅の途中、サトシらは仲間を探しているというポケモン、ゾロアに出会う。一方、クラウンシティでは、ゾロアークと呼ばれるポケモンが、ライコウ・エンテイ・スイクンに化けて街を破壊していた。(引用元

テーマは「嘘と真実」。

作中でこれは真実なのか?これは嘘なのか?と迷う場面が多々ありますが、その場面場面にも意図と物語に欠かせない真実が含まれていて、考えながら観ると大人でも楽しめるです。

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク [DVD]
メディアファクトリー (2010-12-17)
売り上げランキング: 23,693


神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

ポケモンの居住施設、ポケモンヒルズが完成まであと少しとなった大都会ニュートークシティにやって来たサトシとピカチュウたち。すると突然、赤いポケモン・ゲノセクトが出現。3億年前の化石が兵器となって復活したゲノセクトはサトシたちを攻撃。そこに現れたのは伝説のポケモン・ミュウツーだった。ゲノセクトとミュウツーはこの世界に存在するはずのないポケモンというかなしき宿命を背負い激突する。

テーマはミュウツーの逆襲と同じで「自己存在」。

しかし、ミュウツーの逆襲と違うのは、「自己存在」を問う2体の伝説のポケモンがどちらも生きることに必死という点です。脚本の岡田氏がその時代に即した「自己生存」を描いています。


キミにきめた!

ポケモントレーナーになる資格が得られる10歳の誕生日を迎えたサトシは、ポケモンのピカチュウに出会う。人間に懐かなかったピカチュウと友情を育み、世界一のポケモンマスターになるべく旅立つことになったサトシ。出発の日、サトシとピカチュウはいつか伝説のポケモン、ホウオウに会いにいくことを誓う。そして、旅の途中でホウオウについての言い伝えを聞いたサトシとピカチュウは、ホウオウが住むテンセイ山へ向かう。(引用元

20周年記念作品のテーマは「成長」。

この「成長」は主人公だけでなく、これまでポケットモンスターを見てきた視聴者の「成長」でもあります。

改めて「ポケットモンスター」という作品を、そして自分自身を見つめなおすきっかけになることでしょう。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた! [DVD]
SMD itaku (DVD) (2017-12-20)
売り上げランキング: 447


ポケットモンスターの映画は常にその時代に即したメッセージを子供たち、そして大人たちに投げかけています。

普段は難しい会話を子供とすることはないかもしれませんが、ポケットモンスターの映画を観た後に、子供は作品をどう捉えているのかを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ご一読ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です